ZakCafe

フィラデルフィア、シンガポール事情、プリザーブドフラワー、その他もろもろについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

抹茶風味のチーズケーキを焼きました

2006_1030Valentine_20060023.jpg

長らくご無沙汰してしまいました。
自分の用事やダンナの試験期間、就職活動やらでちょっと忙しくしていたのですが、それに加えてフィリーも2年目ということで、カメラを持って歩くチャンスというか情熱が失せてしまいました。
ブログの更新をお休みしていた間にも、NYでテーブルコーディネートのレッスンに参加したり、友達の出産祝いをしたり、イベントはあったのですが、毎回カメラを忘れて出かけておりました。

2006_1030Valentine_20060030.jpg 一ヶ月ぶりの今日は Trader joe's のグリーンティーケーキミックスを利用して作った抹茶風味のチーズケーキを載せてみました。

このケーキミックスを見つけて、初回は箱のインストラクションの通り、マフィンを作ったのですが、分量通りに作ったらちょっとマフィンが甘かったのです。そこでチーズケーキにしたらさっぱりしていいかも!と思い、試してみたらかなり満足のいく味と歯ざわりに仕上がりました。

いつもの通りかなり大雑把ですが、、、ケーキミックスと同量のクリームチーズ、今回は約200gづつに、卵黄2個、牛乳50ccくらい、泡立てた卵白2個を合わせて、カップケーキ型12個分になりました。
オーブンで20分ほど焼いて、冷蔵庫で冷やして出来上がり。

抹茶が手に入れば簡単にできる抹茶チーズケーキですが、ここで苦労して抹茶を探すよりも、このケーキミックスを使えば、簡単にそれらしい味がお家でも味わえるということで、私の最近の新発見でした~。

抹茶味のお菓子が恋しい方、これを上手く利用すると美味しいものができるかもしれませんよ!

ここのところ寒くなっているのと、毎日小腹の空く4時頃にはダンナも家にいるので、毎日のようにアフタヌーンティーしてます。といっても、簡単なお菓子をフレーバーティーと一緒にいただくだけなのですが、ずうずうしくアフタヌーンティーと呼んでいます。(笑)
目に見えて、顔が丸くなっているので、この辺でストップしないといけないのですが、寒くなるとどうしてこう甘いものばかり食べてしまうのでしょうね!?


スポンサーサイト
comment : (5) | trackback : (1)

超簡単!電子レンジパン



料理研究家、村上祥子さんの電子レンジ発酵パン、作りました。

以前、食パンを作ろうとして失敗して挫折し、Pillsburyのパンしか焼いたことがなかった私ですが、電子レンジパン初挑戦でこんなに可愛いパンができました~!嬉しい! (写真の角度が悪いのですが、手前はバターロール型です。)
肝心のお味は、、、ほんのり甘くて美味しい!

あまりの嬉しさに、この後すぐに生地にブルーベリーソースを加えてブルーベリーパンを焼き、続けて数回焼いてしましました。うちの電子レンジは強弱が調節できないので適当に加熱時間を調節していますが、ちゃんと発酵して膨らんでます。残ってたバターをこれもまた適当に(レシピの分量よりかなり大目に)いれたら、ブリオッシュ風の味になって美味しかった。新発見、、。

材料の準備、計量から焼き上がりまで1時間かからないし、力を使って捏ねなくてもいいので疲れない~。レシピは上のリンク先に出ていますので、興味のある方は参考にしてください。
ホームベーカリーの機械が欲しいな~と思ったりもしていましたが、当面はこれで我慢、シナモンシュガーを巻き込んでシナモンロールにしたり、バリエーションを広げてみたいと思います。パン作りはお料理というよりもかなり科学的で、上手く膨らんだときの感動が大きいですね。


comment : (0) | trackback : (0)

栗原はるみさん NYでサイン会

今朝のFuji-Sankei News Express(平日朝10時からの日本語情報番組)で、NYに来ている栗原はるみさんのインタビューが放送されていました。彼女のレシピは私もよく試していますが、簡単でクリエイティブなところ彼女のレシピの好きなところです。

アメリカでの本の発刊を記念して、明日から土曜日までNYの紀伊国屋書店その他でデモンストレーション、サイン会があるそうです。
興味のある方はコチラを参照してみてください。
e3a1.jpg

インタビューで栗原さんは仕事で忙しくても(海外出張は今年に入ってこれが5回目だそう)日本にいるときは夕食は必ず準備すると言っていた。年齢的なこともあるかもしれないけど家事を旦那さんに頼んだことは一度もないと。(見かねて旦那さんが自ら手伝ってくれることはあるそうですが、、)外で仕事するなら家のことはキッチリやって、、ってスゴイ、出来ない、、、

何かをする時に“ひと手間掛ける”というのを気をつけているそうです。お料理に限らず、お掃除でも1つのことをやろうと思ったらひと手間掛けて2つのことをやってしまうとか、、。人にも一声親切な言葉を掛けるのもひと手間。気に留めて生活するといいですね



comment : (2) | trackback : (0)

デザートオンパレード♪♪



ダンナがCoscoで買ってきた業務用クリームチーズをなんとかしなければとやっと作った抹茶チーズケーキ。もう少し抹茶を多くしても良かったかな。砂糖を控え目にしてホイップクリームをつけました

ケーキを盛ったお皿はたまたまカップとマッチしているのですが、カップ&ソーサーは去年、結婚記念日に泊まったラッフルズホテルのもので、こちらに来る前にティーポットと一緒に買ってきたお気に入り。デザイン自体は可愛くもなんともないけれど(これでロイヤルドルトン製なので値段はそれなりにした)、これで夫婦仲良くお茶しようと記念に購入しました。毎日使うものに思い出やなんかストーリーがあるとなんかちょと豊かな気分になれていいです~。

デザートを一つ作ると続けていろいろ作ってしまうのが悪い癖で、チーズケーキの次に作ったのが、茶色になりかけたバナナを使った栗原はるみさんのレシピのバナナマフィン。生地を混ぜ過ぎてしまったのかちょっと詰まった感じの出来。でも作ったという証拠写真(メインのはずのマフィンはピンボケ)として残しておきます。
1ff3.jpg

マフィンには鉄観音茶を合わせてみました。茶器(茶壺)は台湾の女性作家が作ったというものでこれもお気に入り。側面に『福』『壽』の文字が彫られていてオメデタイ

そして最後はイチゴのゼリー。ゼリーはダンナの好きなこんにゃくゼリーの素を使った。ホイップをのせるなら普通のゼラチンのゼリーがいいかな。それにしても作り過ぎ、、
ffad.jpg






comment : (2) | trackback : (0)

新作パイナップルタルト

懲りずにまたまたパイナップルタルト作りました。 前回はクッキー型がなかったので円柱形の生地を切っただけでかなり不細工だったのですが、その後このパイナップル型を見つけて早速トライしました。

パイナップルタルト:生地がタルト生地、上にのっているのはパイナップルをすり卸して砂糖、シナモンを加えて煮詰めたジャムです。

型のお陰で見た目は向上したのですが、味は前回の方が勝っている感じ。今回のパインは前回と比べ甘みが足りなかったのが原因かと思います。あとタルトがもう少し厚みがあるとジャムとのバランスが良くなりそう。研究の余地ありです。


comment : (2) | trackback : (0)

簡単レシピ

いよいよ明日は大晦日、私が朝起きるころには日本は皆んな紅白見てるだなんてーっ。早すぎる。
さっき、地元のフィリーっ子(といっても年齢的には上)の人との年末パーティーから帰ってきました。食事後に集まったので持ち寄った食べ物はデザート系が多かったのですが、お母さんの自慢レシピで作ったというアップルパイや手作りクリスマスクッキー、野菜スティックにディップなどアメリカ人の好みそうなものがズラリと並びました。私はまたまたカリフォルニアロール、あとアーモンドスライス混ぜて焼いたカップケーキを持参しました。ホンとカリフォルニアロールはどこに持っていっても喜ばれるパーティーフードですね!お刺身xの人もこれだけは好きっていう人も多いし。
ここに長く住んでる韓国人のおばあさんがいらしてたのですが、今度美味しい韓国料理の習うことになってとても楽しみです。チヂミ習いたいな~

先日のブログ
で書いたラクサとエッグタルトのレシピですが、リクエストがありましたので掲載しておきます。超簡単、大雑把ですみません!


続きを読む »
comment : (2) | trackback : (0)

お料理とお菓子作り

muffin
花と景色の写真が多かったので食べ物も撮ってみました。
ビスケットっていうんですかね、今までスコーンと言っていたのですが同じものですよね?こんもりこんがりと会心の出来でした。

こちらに来て以来、ダンナは高額な授業料を払っての学生生活、ここに来るまで2人で所得があったのが、今はお金は出て行くばかり、、。 貯金しとくんだった。日本から来る方はそれほど感じないのかもしれませんが、物価の安いシンガポールから来た私達にとっては生活必需品、必要経費の殆どのものが高く感じられます。シンガポールでは忙しいのと外食が安いことを理由にお料理は殆どしていませんでしたので、ここに来て3食作って家で食べる生活に突然変化したため、当初はストレス溜めまくっていました。それでも料理に飽きるとケーキやクッキーを焼いたりして、それなりに工夫してます。

ダンナが中国系なので必然的に中華っぽいもの中心です。オイスターソースや紹興酒はどんどん使うけど、お醤油はぜんぜん減りません。味噌汁は中華スープより出番が多いのですが、日本のお惣菜系はダンナがあまり好まず、私が家で食べられる日本食は味噌汁と味付けのりくらいかな、、。豚カツとか洋風日本食はよく作りますけどね。


続きを読む »
comment : (3) | trackback : (0)

お茶遍歴など、、

一度ハマるとどんどん集めてしまうのが悪い癖なのですが、始まりは裏千家のお稽古に通っていたころですね。日本でもお茶を習って見たかったのですがなんとなく敷居が高い感じがして機会がありませんでした。シンガポールでは裏千家の教室がオープンな感じで、よくデモンストレーションなども色々な催し物で行なわれていたので数年お稽古に通いました。お茶もお菓子も美味しくいただきましたが、毎週お手前を忘れてしまう自分には素質がないと諦めました。でもお茶は美味しく点てられるようになりましたので満足です。
続きを読む »
comment : (0) | trackback : (0)

おうちティー

旅行でいらしたことのある方はご存知かと思いますが、当地シンガポールは日本と比べて安価で世界各国の美味しいものが食べられます。特にローカルフードはとっても安く、ランチはフレッシュなフルーツジュースを飲んでもS$6くらい(約400円)で済んでしまいます。私が12年前に来た頃は喫茶店なんてホテルのラウンジくらいしかなかったのが、スターバックスが進出して以来ここ数年ですごい数の珈琲ショップがオープンしました。ランチが$6で済んでもスタバでカプチーノを頼むと$5します。なんだかなーと思いつつも仕事の合間に足を運んでしまいます。家ではエスプレッソが飲めないという理由で美味しい珈琲は外で、美味しい紅茶は家でと決めています。

アメリカでは節約生活、主婦生活となる予定ですので、今よりおうちカフェが楽しめるかな。旦那も結婚してから私の影響でお茶を毎晩飲むようになりました。外より家で飲むお茶が美味しいといってその日の気分でフレーバーをチョイスしています。日本茶は玄米茶が好きなようです。抹茶はだめらしい。

先月、シンガポールに赤いパッケージでおなじみのHediardがオープンし、早速オレンジフレーバーの緑茶を購入。フランス人の手にかかると緑茶もこんなお洒落?と感心しました。日本で入手可能なのでしょうか?もしかするとマリアージュフレールにも似たフレーバーがあるかもしれませんね。ご存知の方教えてください。
comment : (0) | trackback : (0)

フォーシーズンズホテルでカモミールティー

昨日はフォーシーズンズホテルでセミナーがあったので、セミナー終了後にホテルが参加者用に準備した軽食とお茶で一休みしました。カモミールティーにハチミツ、レモンでいただきました。ホテルのソファでいただくお茶はいいですねえ。優雅な気分に浸れて、、。
家にもいただいたカモミールティーがあったので、同じもの旦那サマにもいれてあげました。最近のお気に入りのティーカップはビレロイボッホのFogliaというものです。
comment : (0) | trackback : (1)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。