ZakCafe

フィラデルフィア、シンガポール事情、プリザーブドフラワー、その他もろもろについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

楽天の三木谷社長に大接近!

grandhyatt.jpg

先日NYで、日経新聞社と日本協会の主催で“Japan’s Comeback” – What are the Challenges for the New Abe Government?というタイトルのセミナーが開催され、ダンナと出掛けてきました。(写真はセミナー後のレセプション風景)

会場をざっと見たところ、参加者は400人位、日本人とおぼしき人が6割くらいであとは日本人以外の方という感じで、登壇者は英語を話す人と日本語を話す人がいたので、通訳が必要な人には通訳を聴く為のイヤホンが貸し出されていました。

前半は日本から東芝の社長(西田さんという方)がプレゼンテーションされ、後半はアメリカ人のエコノミスト2人と日本人エコノミスト1人、楽天の社長、三木谷さん、進行役の日経新聞社の方の5人のパネルディスカッションでした。

全体的なセミナーの内容は、安部内閣に変わり多少保守的というか改革のスピードが鈍るのではという懸念もなきにしもあらずだけれど楽観的観測、今後の大きな課題はやはり少子化と格差の問題にどう対処していくかということでした。

個人のレベルでは実感が沸かないけれど、日本だけでなくアジアが全体的に好景気のようで、ダンナも就職活動中に"Asia is HOT now!"、今はアジアへ戻った方がいいのではないかと面接官に言われたらしいです。確かにそうかも、、。

セミナー参加記念に三木谷さんの写真を撮ろう!と意気込んでいたのですが、残念ながら講演中は写真撮影禁止でした。
セミナーの後レセプションの時間があって、三木谷さんにもかなり大接近したのですが、さすがにあの場でカメラを向けることはできませんでした。これが野球観戦だったら遠慮なく撮らせていただいたかもしれませんが、結構私はカメラシャイ(普通は撮られるのを恥ずかしがる人のことなのですが)で、レストランでもカメラ出すのを躊躇してしまう方なんですよね。


それにしてもアメリカって出生率が高いのは意外な感じ。一人の女性が一生のうちに出産する平均が2.13人とからしいです。離婚が多いからイメージ的には子供も少ないと思いがちなんですけどね。
親の経済的負担は日本と比較すると悩むほどではないということかな?こちらは特に大学進学に掛かる費用については本人がバイトで稼いで親が負担しないって言うし。
でも最近のニュースで若者の借金の負担(特に学費)が大きくなっていて、大学卒業後、所謂Uターン就職して親と同居するケースが多くなってきているって言ってたな。

先月、アメリカ人のお友達に赤ちゃんが誕生したので産休やベビーケアのことなんかを聞く機会があって、もちろん州によっても法律が違うし勤務先の規定にも依るようだけれど、通常、産休は無給で2~3ヶ月しかないのだそうで、意外だけれど働くお母さんへのサポートは色んな面で相当遅れている感じです。

因みに日本と同じように少子化高齢化問題が深刻なシンガポールでは去年から有給!の産休が2ヶ月から3ヶ月に延ばされたばかり。シンガポールは国が小さいので近くに住む親や親戚に子供の世話をお願いしたり、メイドさんを雇ってベビーシッターや家事を任せている家庭も多いので、そういう点では働く女性は恵まれてるかな。親と同居して楽な生活をしているために、結婚が面倒になるという友達も結構多くて、シンガポールの場合、それが一番の問題の種かもしれないけど。

スポンサーサイト
comment : (5) | trackback : (1)

ナイアガラとトロント観光

d830re2.jpg

ダンナの夏のインターン終了後、ナイアガラ方面へ出掛けてきました。私はナイアガラの滝には7年程前に、やはり一生に一度は見ておかなくてはと思い、NYから飛行機で行ったのですが、滝の迫力に感動したのをよく覚えています。

ダンナはまだ行った事がないというので、これはやはり一生に一度は見ておかなくてはと、今回私は2度目のナイアガラ観光となりました。

フィリーからは休憩しながら運転して、途中ハイウェイの工事で渋滞もあったので8時間程かかりました。頑張って運転した甲斐があって、ダンナも滝を見て大喜び。
9564re2.jpg


ナイアガラの滝の近くのワイナリーを見学。アイスワインがとても美味しかった!
604fre2.jpg

b740re2.jpg

ナイアガラから1時間ちょっとのドライブでトロントへも行ってきました。カナダでは一番大きな都市なのだそうですが、素敵なところでした。アメリカに来て以来、こんなに親切に対応されたことはないというくらい、お店の人、街の人、皆んなとってもフレンドリーで、英語も分かり易いと感じました。フィリーもこの位だともっと過ごしやすいのにな~。

あと街やTVのニュース番組等を見て感じたのは、アジア系の人、特にインド系の人がとっても多いこと。
トロントでダンナが一生懸命サーチして見つけた Cha Liu という飲茶のお店に行きましたが、これがちょっとお洒落な感じの飲茶のお店でとっても美味しかったです。

21c0re2.jpg

最終日はゴルフ。郊外にはそこいらじゅうにゴルフ場があったので、ちょっとトライしてきました。他の人の迷惑にならないように、順番を最後にまわしてもらったので、ビギナーなりに気兼ねなくプレー出来ました。プレーというには程遠いレベルですけど、、トホ。



comment : (0) | trackback : (0)

Jane Packer NYでフラワーアレンジレッスン

90c9re2.jpg

フラワーアレンジが好きな人の間では結構有名なUKのフローリスト、Jane Packerのスクールで1日レッスンを受講。
Jane PackerのスクールはLondonの他に東京、NYにお店がありますが、先週はNYにいくつか所用があり、日程をやりくりして出掛けてきました。

NYのJane Packerのお店は、Bridge MarketというエリアにあるConran Shopの店舗内の一角にあって、かなりこじんまりとしています。写真の橋の手前にあるガラス張りの建物がConran Shop。


この日のレッスンはClassic Hand Tied。スパイラルに花を組む練習ですね。約2時間半のレッスンで2つのブーケを作成し、最後に先生がもう1作品、デモをしてくれます。2つのブーケでオランダから輸入された大輪のバラを30本使いました。お持ち帰りは自分で作成した2つのバラのブーケです。

レッスンは始めに先生のデモを一通り見て、各自作業するというスタイルですが、ここはアメリカ、先生は生徒の作品を褒めるばかり。日本人としては、ここはちょっとこうした方が、、なんて批評して手を貸してくれると嬉しいのにな。お花自体はとっても綺麗だし、しかもたっぷりと使わせてくれるので、形はどうでも豪華に見えちゃうのがミソです。私のように花を勿体無がってケチって作業をすると、最後には上手く形が整わなくなるということを学びました。はは。

b85dre2.jpg e05bre2.jpg 613ere2.jpg
この暑さでお花も可哀想なのですが、5日経った今日はブーケをばらして枯れた部分を処分し、再度組み直しました。ブーケは一回り小振りになりましたが、まだ綺麗に咲いていま~す♪

お花のセンスとアイデアをプリザーブドフラワーにも生かしたいと思います☆
comment : (0) | trackback : (0)

チリの鉢植え



今、我が家にはチリの鉢植えがあります。
友人が夏のインターンでフィリーを留守にしている間預かっているものです。実はもう一鉢、お花を預かっていたのですが、ある日突然死んでしまった、、、。この花の詳しいことは分からないのですが、季節が終わって来年また生えてくるのだろうということになってます(汗)。

これを預かった当初はあまり実がならなかったのですが、アパートの中だと虫も来ないし受粉しないしないから実もならないよな~と思い、その後水遣りをしながら、綿棒を使ってせっせと受粉を促した結果、今では20個ほどのチリが実って赤く色が変わり始めてます。

そんなに沢山実がなってるとは、、と持ち主の友人もびっくりしてます。来月、フィリーに帰ってくる友人に丹精込めて育てたチリと一緒にこの鉢植えを返すことになりますが、その前にお毒見させてもらいます。

comment : (0) | trackback : (0)

良薬口に苦し~夏バテ対策

ここ1ヶ月程、かなり根詰めて試験勉強していたために相当ストレスが溜まっていたらしく、先週のことですが、突然蕁麻疹が出てしまいました。
実は前日にReading Terminal Marketの魚屋でソフトシェルクラブを買って、晩御飯にフライにして美味しく食べたのです。

食べ物で蕁麻疹は子供の頃以来なかったと思うのですが、疲れてたりすると突然アレルギーをおこす場合もあるみたいですね。
ダンナは何事もなく無事でしたので、蟹が悪くなってたとかそういうことではないみたいだし、、(買った時にはまだ蟹は生きていて、しかも魚屋でキレイに洗浄してもらいました。)
ということで、勉強もほどほどに。

9f47re2.jpg

さて、毎日暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
先月ダンナの家族が来たときに、チャイナタウンで高麗人参入りの菊花茶(顆粒状)を見つけ、買って置いていってくれました。さすがは中国人、目の付け所が違う。(アメリカは高麗人参が安いらしく、お母さんは親戚にお土産を頼まれていたようです。)

菊花茶は暑さをクールダウンするのに効能があるらしく、シンガポールでは缶ドリンクでも日本で飲まれるウーロン茶のようによく飲んでいましたが、これは高麗人参入りで夏バテにも効きそう!ということで、今は我が家ではアイスにして飲んでます。この苦味が結構癖になるんですよね~。

因みにフィリーのチャイナタウンでも飲茶で美味しい菊花茶を出すところがあります。(注文するときは "Chrysanthemum Tea" で通じると思います。)

もう一つは苦瓜。久しぶりに料理、、じゃなくて自分でこれを買って料理したのは初めてでした~。沖縄のゴーヤより色が薄いし苦味もちょっと強いかな。でもチャンプルー風に豚肉、豆腐、玉子と炒めると栄養バッチリです。

皆さんも体に気をつけて、お過ごしください。




comment : (2) | trackback : (0)

独立記念日

7月4日、アメリカは独立230周年を迎え、各地で記念のイベントが盛大に行われたようですが、ここフィリーでも美術館前に大勢の人出、お祭りムードでした。
ライオネルリッチーのコンサートと花火が10時過ぎにあるというので9時ごろ家を出て、人を掻き分けてステージ近くまでなんとかたどり着きました。
c53dre2.jpg

ステージのライオネルリッチーは遠かったけど、ヒット曲オンパレードで結構楽しめました♪♪
彼の他にも2年前のアメリカンアイドル優勝者のFantasiaも歌ったし、Cirque du Soleilのパフォーマンスもあったり。
c027re2.jpg

最後にアメリカ最初の国旗(☆が13個)を掲揚~☆☆
eb0cre2.jpg
comment : (2) | trackback : (0)

Longwood Gardens -Part2

随分日が経ってしまいましたが、Longwood Gardens-Part2、気に入った写真だけ記念に掲載しておきます。

最近、こういうモヘアっぽい花、例えばケイトウとか、以前は気色悪~と思って苦手だったものが好きになりました。

下の黄色の花は英語名"Desert-Candle" というそうです。砂漠のロウソク、、なるほど~。ふむふむ、、。

L11.jpg

何故フキの葉っぱかというと、、、
L9.jpg

子供の頃(多分小学校1、2年生の頃)に母に料理してもらおうと川原でせっせと摘んだフキが、実は近所の農家の家のものだったという、ちょっとほろ苦~い思い出があります。ま、知り合いの家だったので問題にもならなかったんですけどね。
L7.jpg

L8.jpg


comment : (2) | trackback : (0)

Morris Arboretum of the Univ of Pennsylvania

mo.jpg

Morris Arboretum はUpennに属する植物園。German Townの先、センターシティーから車で30分程のところにあります。(Upennの学生証のある人は入場無料です。)
夏の間、日は長いのに5時には閉園してしまうのが残念ですが、週末は閉園後はウェディングパーティー等に利用されているようです。

写真のスカルプチャーは針が不規則にくるくる回転します。時計ではありません。

ざっとですが、写真アップしておきます。
ここはバラ園。
m2.jpg

m1.jpg

m4.jpg

m5.jpg


comment : (0) | trackback : (0)

Longwood Gardens -Part1 ☆夏のイベント情報☆

Longwood Gardensに出掛けてきました。ここは先週行ったWinterthurを作ったHenry Francis du Pontの叔父さんにあたるPierre Samuel du Pontという人が作った庭園、植物園です。クリスマスのデコレーションがとても美しいことでも有名です。
L0.jpg

夏のイベントも充実していて、クラシカルなコンサートや噴水のショーなど、家族やお友達と楽しめるものが主に週末(土)に多くあります。
L1.jpg

L3.jpg庭園内にCarillon(カリヨン)のチャイムの塔があって、週末は30分毎にチャイムがなるそうなのですが、私が出かけた日にはデンマークから来たカリヨン奏者のコンサートがありました。

夕方7時から40分間程のコンサートでしたが、薄暗くなり始めた森の中で聞くチャイムの音色はとっても幻想的
奏者のオリジナル曲の他、クラシカルな曲目がメインでしたが、私の好きな"The Swan" (白鳥)が演奏されてとっても幸せな気分になりました~。

夏の間、カリヨンコンサートは次の通りあと3回程あるようです。

Sat. June 17, 2006
Vegar Sandholt, Carillonneur of Oslo City Hall, Norway 6 pm
Sat. July 29, 2006
Peter Langberg, City Carillonneur of Loegumkloster, Denmark 7 pm
Sat. August 12, 2006
Carlo van Ulft, Centralia, IL 6 pm

夜の噴水ショー花火大会等のイベントのある日以外は毎週、火、金、土の9時15分からです。
L13.jpg

また、7月と9月に2回づつ、花火大会もあるようですよ。
Sunday, July 2
Saturday, July 22
Sunday, September 3
Saturday, September 9
(入場は6時半~)
Happy Summer 



comment : (9) | trackback : (0)

Winterthur -Part 3

アメリカって富豪の家とか庭とか、美術館とか観光地になってるところが本当に多いな~。お金持ちの規模が半端じゃないし。ある著名な経済学者によると、ここアメリカでは上位1%の富裕層が、全米総資産の41%を保有しているそうだから、、、。もっというと富裕層上位20%までで、全米総資産の97%を保有しているのだそうです。

3月に行ったLAGetty Museum もしかり、6年ほど前にNY州の Rockefeller Estate に友達と出掛けたことも思い出しました。(Rockefeller Estateならフィリーからも車で2時間半程で行けるようです。庭からの眺望は最高
同じ大富豪でもビルゲイツは不人気だとRockefeller Estateのガイドさんがいってました。やっぱり彼は金の亡者ってイメージなのかな、最近は慈善活動とかも頑張ってるようだけど。

Museumのロビーでアレンジメントのデモンストレーションをやっていました。
f366re2.jpg


ギフトショップ
も素敵な雑貨が沢山あります。


Cambellのスープポットの展示。
35b9re2.jpg

ちょうどAzalea(ツツジ)やPeony(シャクヤク)が終わった時期で、花はあまり多くはありませんでしたが、これから夏にかけてはアジサイが見頃になるようです。下は野いちごというか蛇いちごかな。こんなの見ると自分の田舎と幼少時代を思い出しちゃいます。
3783re2.jpg

fd93re2.jpg

9339re2.jpg



comment : (0) | trackback : (1)

Winterthur -Part 2

下は Reflecting Pool。周りの景色が水にハッキリ映っています。紅葉のシーズンはきっとロマンチック~
471fre2.jpg

907ere2.jpg

e4f2re2.jpg


立派なもみじが何本かあって、ちょっと日本庭園風な場所も。Waterfallというこのもみじも本当に葉が滝が流れているような形で面白いし、色のグラデーションが美しい。
20ecre2.jpg
5066re2.jpg fb5ere2.jpg bb9ere2s.jpg
df24re2.jpg


木の幹に顔が付いてるように見えて、今にも喋り出しそうでメルヘンの世界。
faf3re2.jpg

7b10re2.jpg



comment : (0) | trackback : (0)

Winterthur -Part 1

Winterthur Museum & Garden へ出掛けてきました。フィリーから車で40分程で行けます。先日のブログにも書いた通り、この周辺はBrandywine Valleyと呼ばれていて景色がとっても美しい所です。このWitherthurからはLongwood Gardenにも近いです。(車で約20分。)

写真の通り緑がとっても美しく、マイナスイオンを思いっきり吸い溜めきました。家を出発した時間が遅かったのですが、急遽、サンドイッチを作ってピクニックしてきました☆
7a6fre2.jpg

b0bfre2.jpg 7e9bre2.jpg b50dre2.jpg

博物館の展示も素敵だったのですが、展示によっては撮影禁止だったので庭の写真が中心です。庭と言っても植物園並みですけどね。
20c9re2.jpg 4a65re2.jpg 4c54re2.jpg f94ere2.jpg


b872re2.jpg d4f3re2.jpg 8407re2.jpg 8680re2.jpg

ちょうどこの日はジャズの野外コンサートをやっていました。こんな緑の美しいところにワインとチーズ持ってコンサート聞きに来たら最高ですね~♪
1e5dre2.jpg

4632re2.jpg 2f97re2.jpg 4b31re2.jpg

comment : (0) | trackback : (0)

Wilmington (Delaware) へドライブ

我が家には今、期間限定で車があるので、週末毎にせっせとドライブに出掛けています。
先々週は Woodbury Common へ片道3時間掛けてショッピングに出掛けてきました。

そして先週末は Wilmington の Brandywine Valley 周辺のカントリークラブ(プレーはしてません)、ずっと行ってみたかった Winterthur Museum & Garden へ行ってみました。


cb9ere2.jpg 47dare2.jpg eed4re2.jpg 
写真はカントリークラブに咲いていたお花。コースの緑も鮮やかで素晴らしだったけど、お花もとても綺麗でした。
このBrandywine Valley 周辺にはワイナリーも10件近くあるようで、とても景色の美しい地域です。センターシティーからこの辺りまではI-95経由で約40分程です。
7ca3re2.jpg


comment : (0) | trackback : (0)

自己紹介バトン♪

Penns Landing周辺を散策中に発見した可愛らしい実。でも何の木だか実だか分からない~!
5adere2.jpg

さてさて、いつも楽しいバトンを回してくださるKoharu様から、今回は自己紹介バトンをいただきました。

■1: 回す人を最初に書いておく。

Mikiさま、Viviさま、Meguさまへ
勝手にご指名させていただいた皆さまにはご多忙中大変に恐縮ですが、もし時間があったらバトン、宜しくお願いしま~す♪
 
■2: お名前は? ZakCafeです。

■3: おいくつですか? 限りなく四十路に近い三十代

■4: ご職業は?
    専業主婦、プリザーブドフラワーアレンジのレッスンを自宅でやってます。

■5: ご趣味は?
    フラワーアレンジ、スキルは無いけど植物の写真を撮ったり、あとはブログを書いたり。

■6: 好きな異性のタイプは?
    見ていて飽きない、よくしゃべる楽しい人

■7: 特技は?

    なんだろ~?

■8: 何か資格を持っていますか?
    プリザーブドフラワーインストラクター資格とかダイビングライセンス、子供のころに習った書道2段、珠算2級など。
海外ではかなり小さな声でしか言えないけど、中高の英語科教員免許(私の英語のレベルでこれを言うとダンナに日本の英語教育をコケにされるので)。

■9: 何か悩みはありますか?
    沢山ありますけど、悩みが人間の成長の糧と思って頑張りま~す。

■10: 好きな食べ物と嫌いな食べ物は?
  〈好き〉 数年前まではこってり系が好きでしかも食い意地はってましたが、最近はさっぱり系に変化。でもずっと納豆は大好き。
  〈嫌い〉 これだけは食べられない、食べたくないというものは基本的になし。

■11: あなたが愛する人へ一言。
     喧嘩しながら(ここがポイント!)、仲良く頑張ろうね!

■12: 回す人5人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単にお願いします。

Mikiさま 
ヘアークリエイターの彼女は、イラストも上手でビーズや編み物など趣味もクリエーティブ。アメリカ人の旦那様が登場するブログも楽しいです。

Viviさま
フィリー郊外に住んでいらして、温かい雰囲気の気さくな楽しい人柄というのが多くの人の意見で、本当にそのまんまのチャーミングな方。

Meguさま
NYC在住で我が家と一緒で旦那様がMBAの勉強中。本格的にお花を習っている、私が奥さんにしたいくらいの可愛い奥様。

以上です。
comment : (8) | trackback : (0)

テンプレートも衣替えしました♪

フィラデルフィアは先週末からうだる様な暑さで、気分はすっかり夏休み。うだうだしてる場合じゃないんですけど、早くも夏バテか、、。

春から使っていたテンプレートの柄がちょっと暑苦しくなってきたので、夏用に変えました。可愛い金魚柄でちょっと涼しくなったかな

この夏もどうぞ宜しくお願いします。

comment : (4) | trackback : (0)

通訳のお手伝いをさせてもらいました☆

2cabre2.jpg

先日、日本から出張で見えた方の簡単な通訳のお手伝いをさせていただく機会がありました。郊外のホテルで待ち合わせをして、出張者のHさんとビジネスパートナーのZさんと3人でNJの仕入先までドライブ。

Hさんは、防災用の特殊機械をこのZさんの会社から購入されていて、これまでに何度か出張でフィリーに来られているそうです。訪問したNJの会社には消防関係者用のパネルや銅像、バッジ等の表彰グッズを扱っていて、アメリカらしい楽しいものも沢山見せていただきました。

9.11にちなんだバッジとか消防士の格好をした可愛い首振り人形もあったり、自分が消防士だったら、全部欲しくなってしまうようなものばかり、、。こんなに色んなグッズがあるなんて、アメリカではファイヤーファイターって本当にヒーローなんだあ~と感心してしまいました。

商談も上手く行って、この後ニューアークのホテルにHさんをお送りして、Zさんとフィリーへ戻ってきました。なんとZさんのお住まいがうちのすぐ隣のブロックのアパートで、ご近所同士でした。

Zさんはシニアな方ですが、生まれも育ちもフィラデルフィア、生粋のフィリーっ子だそう。“シカゴやワシントンDC等のアメリカの他の都市の出身の人は、都市を移動(引越し)する人が多いけれど、フィリーの人は生まれてからずーっとフィリーっていう人が少なくないんだよ”とおっしゃって、フィリーの人の愛郷心を語ってくれました。Zさんはアジアのビジネスにも関心があって、こちらの話も興味を持って聞いてくださり、2時間のドライブがアッという間でした。

アメリカ出張を無事に終えて帰国されたHさん、ビジネスが順調に行くことを陰ながら応援しております。ご自身でいくつかのビジネスをされている起業家精神に富んだ素晴らしい方で、拙いお手伝いでご一緒させていただいた私も大いに触発されて充実の一日でした。

comment : (0) | trackback : (0)

Family-in-law (ダンナの家族)のフィリー訪問

fa5ere2.jpg

先週までダンナのお母さんと妹のLydiaちゃんが遊びに来ており、平日日中はダンナが留守のため、私がフィリー案内担当。Lydiaちゃんは写真も沢山撮って、ショッピングも楽しんで、満足して貰えたようで良かった NYにも出掛けたしね。

お母さんの方は長いフライトで疲れてしまったようで、家でのんびりして貰いつつ、ディナーは殆ど毎晩お任せして作っていただきました。ここが多分、日本のお義母さんとは違って楽させてもらえるところかな。
チャイナタウンに連れて行けば、広東語でお店の人と会話するし、英語も達者なので、手が掛からないというか私よりも上手(うわて)。シンガポールに帰ればマレー語も話すトライリンガルのお母さんです。

実はお母さんは中華以外のものを殆ど食べないので、私の方が中華を食べ疲れてしまったのですが、彼らの帰った後にすぐにダンナが“SUSHIでも食べに行くか!”と初めてSagami(日本食レストラン)まで連れていってくれました。(ダンナにはここのお鮨はオーセンティック過ぎたようで、"Too fishy.."というんで、私が彼の分も平らげてしまいました。)

色々ハプニンブもありましたが、お母さんとLydiaちゃんは、先日無事にシンガポールへ帰って行きました。めでたし、めでたし、、(注:無事に帰国してひと安心の意)
e577re2.jpg


comment : (0) | trackback : (0)

予定

つかの間のホリデーから帰ったと思ったら、その直後から旦那の家族が遥遥シンガポールから遊びにきています。
旦那は勉強はお休みながら、早速今週からインターンが始まって、日中の家族のお世話は私が担当のため、何かとせわしない毎日。本当にこの5月は次から次へと行事やら用事がいっぱいいっぱいです。ふ~っ。

去年の年末から受験の申請をしていたCPA試験の受験手続が、先方の処理ミス等もあって、半年掛かってやっと受験可能な状態に漕ぎ着けました。というわけで、この夏はお引越しもなくなったことだし、篭ってお勉強ってことになりそうです。ガンバロー!

ブログ更新のペースをちょっと落とそうかと思いますが、最低でも週1程度は頑張ります。

プリザーブドフラワーのレッスンは、ご希望があれば随時、行っていますので、どうぞご遠慮なくご連絡くださいね。




comment : (2) | trackback : (0)

この夏も ★フィラデルフィア★

270ere2.jpg

この夏は5月~8月までダンナのインターンのため、恐らく引っ越すことになるだろうとそのつもりでいたのが、幸か不幸か、結局フィリーにいることになりました~!

実をいうと私は“夢のCA”に行きたかったのですが、CAの会社から気に入ったオファーがなかったし、かといってNYに行くと家賃高いし、アジアは遠いしわざわざ戻るのもなんだし、引っ越すとなるとこのアパートはサブリース、サブリースとなると入居者選ばないと土足で床を汚されたら困るし、、、と最近まで頭の中が交錯し落ち着かない日々を送っていましたが、これで開放されました。

投資銀行とかコンサル系希望の学生は皆、2月末にはインターン先が決まっていたのに、ダンナの希望する業種はぎりぎりまで募集がなく、しかも募集もごく僅かなんで、結構気を揉んだけど一軒落着。家族の都合でいつ動くことになるか、何処に行くのか分からないと状態いうのは、精神衛生上あまりいいものではない、転勤族のご家族のご苦労がよ~く分かります。
dc9dre2.jpg

ダンナは2社で2ヶ月づつ、Wilmingtonとフィリー郊外のBala Cynwydにある会社へ通勤することになりました。ダンナには満足のインターン先なのでそれは良かった。WilmingtonはDuPontのFund、Bala~の方はCA、NY、FL州等の公的年金なんかもマネージしてるPE。2社でインターンはちょっとハードなんだけれども、将来のコネ作りのためにダンナは張り切っていてこの仕事を楽しみにしています。

で、私は夏の間学校の聴講もないし、フィリーを留守にする友達が多い。ダンナの家族が遊びにくる予定なのでアテンドもあるけど、夏の計画を立てねば、、、。

comment : (4) | trackback : (0)

★Bon Jovi の野外コンサート★

face_small_over.jpg Bon Jovi のサマースタジアムコンサートが7月15日(土)にCitizens Bank Parkであるそうで、チケットは今週末から売り出されるらしいです。

Bon Joviはお隣りNJ州出身のバンドですが、JohnがPhiladelphia Soulっていうフットボールの共同オーナーの一人とあって、ローカルのスポーツニュースによく登場してます。ここは本当、スポーツ盛んですね、私は残念ながらなんのゲームも観戦したことはないのだけれど、、。

とにかくフィリーは彼らの思い入れのある土地ってことは確かです。私も好きな "Who Says You Can't Go Home" って曲のビデオもフィリーで撮影されたらしいし、今回のコンサートツアーは去年の11月頃始まって、12月に既にフィリーで2日間、コンサートやってるんだけど、日本や欧州を回って、再び夏はフィリーに戻ってサマーコンサートする位だし。

Cold Playも良かったけど、Bon Joviは私の世代のバンドだしな~。コンサート行きた~い!
それにしても、あれから20年近く経った今でもJohnはなんてカッコいいの


comment : (0) | trackback : (0)

Wilmington (Delaware)へ行きました。



先週、ダンナがWilmington(デラウェア州)へDuPont系の会社を訪問するというので一緒について行ってみました。フィラデルフィアから電車(SEPTA)に乗って約45分でWilmingtonの駅に到着。Wilmingtonはデラウェア州で一番大きな街だそう、といってもデラウェア州って他の州と比較するととっても小さいんですが。

ダンナのアポの時間に遅れるといけないので駅周辺の写真を撮る時間がなかったのだけれど、銀行やIT系の会社の低層の新しいビルが多くて綺麗な街という感じがしました。

ダンナのアポの間、私はショッピングセンターを散策。MarshallsでLe Creusetのハート型のラムカン2個が@$4で売られていたので購入。この旅の収穫。

ダンナは5月中旬から2ヶ月程、ここまで通うことになったので、その間レンタカーすることになりました。(車ならフィリーから30分程度)

この周辺は Brandywine Valley という(とっても惹かれる地名)のですが、美術館やDuPont家の所有する庭園とか劇場なんかもあるので、レンタカーしてる間に必ず出掛けたいと思います。

62ac.jpg




comment : (0) | trackback : (0)

英ロックバンド、COLDPLAYのコンサート!

昨晩、ワコヴィアセンターへ英国ロックバンドのCOLDPLAYのコンサート行ってきました

162a.jpg

860c.jpg

オープニング、バックのデジタル数字がものすごい勢いでカウントダウンしてくんですが、よく写せたなあ。0119の11の間のボーカル、見えますか?)

プリンストンで美術史博士号の勉強をしているシンガポール人のお友達がいるのですが、もともと一緒に行くはずだった彼女の友達の都合が悪くなって、その身代わり。夕方、彼女はNJからやって来て、ダンナも一緒にディナー。その後、ダンナは別のアポで出掛け、私達2人でコンサートへ。

5544.jpg恥ずかしながら最近はこういう情報に疎いので、COLDPLAYって言われてもだったのですが、バンドのボーカルは女優のグヴィネス・パルトウの旦那。しかもこのバンドは去年CD売上げ枚数830万枚でマライヤキャリー(2位)を抜いて世界一だったんだそう。夏には日本にもコンサートツアーに行くって、、そんなに売れてるのに今まで知らなかったなんてちょっとショック

それにしてもロック系のコンサートってブライアン・アダムス(もうオジサンだけど、カッコいい)、リッキー・マーティン(ラテンのノリでかなり楽しかった☆)以来。

曲もセットもバンドも確かにカッコよかった。観客も老若男女(若い人だけでなく年齢の高いカップルも結構来てた)、皆ノリノリで楽しかったです。

今度はマドンナがフィラデルフィアに来るみたいです。彼女のコンサート凄そうだから、特にファンでなくても行く価値ありそう
b20f.jpg





comment : (2) | trackback : (0)

Giada (Food Network Italian Chef) のサイン会

b712.jpg
何故か昨日はセレブ付いてて、夜のCOLDPLAYのコンサートの前に、King of PrussiaのWilliam Sonomaにサイン会に来ていたFood Networkのイタリアンシェフ、Giada を見てきた。彼女の番組 (Everyday Italian & Behind the Bash) は好きでいつも見ちゃうので、本当は並んでサインもらってお話したかったのだけれど、すんごい列で恐らく400人、下手すると500人近くいたんじゃないかな。事前にチケット配布もしてなかったし、Bordersとかでちゃっかり30%引きの本を買って並んでる人も結構いたし(実は私もそうできないかと企んでいたので、、)。

9d27.jpg c4fe.jpg 541d.jpg

残念だけど2時間も並べないやと呆気なく断念。でもSonomaのお店に入って近くで写真撮影は自由にできたので満足。皆んな、挨拶、世間話と友達みたいに話しかけてるから、一人に掛かる時間が結構長くて、サインする方も大変そう。

彼女はお祖父さんが映画監督、お祖母さんさんが女優と家族が映画業界に携わっていて、一度は無理やり業界入りさせられたみたいですが、性格がシャイで向かないというか本人がやりたくないといって辞めたみたい。でも実物の彼女もとってもキュートでオーラがでてました。

5月22日にはあの元気なRachel Rayがやってくる。今度はSonomaで本を買った人限定で事前にチケットが250人に配布されるそうです。
e4e9.jpg




comment : (2) | trackback : (0)

Back Dormitory Boys!

一般の人が映像をアップロードして公開できる Google Video というサイトがありますが、これで世界的に人気モノになった中国の大学生、"Back Dormitory Boys" という二人組の“口パク”パフォーマンスをダンナからメールがフォワードされて初めて見ました。とっても笑えます

まだ見てない方は下のリンクからどうぞ! Back Street Boysの曲I Want It That Wayがオススメです。他にもチャイニーズの曲とかいろいろあるようなので、見たい方はこのリンク先のサイトの左側、Videosをクリックしてください。
http://backdormitoryboys.com/

CBSフィラデルフィアのニュースでも紹介されていたようで、中国ではこの2人、モトローラのTVCMにも起用されたほどの人気だそう。ところで片方の男の子、大蔵議員に似てません?

2人がビデオを撮っている最中に誰かが部屋のドアをノックして撮影を邪魔されてしまうNGもあったりして、楽しそうな寮生活を想像できます。でも大学生っていいよね~、何でも好きなことできて。


comment : (2) | trackback : (0)

Pillsburyのディナーロール



Pillsburyのディナーロール生地(8個分)が近所の$1ショップ(Suburban Stationの地下街)で$1(当然か~)で売られていました。ここは他のセンターシティーの$1ショップと違って冷凍、冷蔵食品をいろいろ置いていて、お昼時やアフター5はいつも混んでます。

恐らくオーバーストックか賞味期限の近いものを置いているのではと思いますが、Pillsburyの商品はスーパーでは$2ちょっとするはずなので、お買い得。$1ショップなので商品が無くなると再度同じものが入るという保証はないですけど、Pillsburyの商品はこの他にクッキー生地もときどき入ってます。

パン作りは一度食パンに挑戦して失敗して以来、作ったことがないんですが、生地をオーブンに入れるだけで手軽に焼きたてパンが家で楽しめて、なんとなく家事を頑張ってる気になれる♪のがいい。


comment : (0) | trackback : (0)

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。