ZakCafe

フィラデルフィア、シンガポール事情、プリザーブドフラワー、その他もろもろについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

California で見つけたアパートと木の実

カリフォルニア旅行で宿泊したモーテルの前の外観のステキなアパート。

こんな白い可愛い建物に住んでみた~い、ダンナさま~ でもうちのダンナはこういうデコラティブなのは趣味じゃないからだめか、、、。

今のフィリーのアパートは由緒ある建物らしい(建築デザイン的にも何かあるそう。)のだけど、見るからに古い。家の中は窓が多くて好きなんだけど、、。

下はアパートの周辺の並木。何故か実ものに弱いので記念に撮影。

実も花もなんなのか不明だけど、愛らしい

d27are2.jpg

1ba7re2.jpg



スポンサーサイト
comment : (0) | trackback : (0)

Jin Patisserie in LA

ロサンゼルスのケーキショップ Jin Patisserie が、今週の Food Network Sugar Rush で紹介されていました。この店、先月、CA旅行の前に Cabayareaさんのブログ でチェックして行ったのですが、残念ながら立ち寄る時間がなく心残りとなっていました。

Sugar Rushは水曜の夜9時半 <<再放送は木曜昼12時半と日曜夜9時半>> から放送されているスイーツ番組です。ホストのBakerは元弁護士さんなんだそうです。 )

そのケーキショップはシンガポール人女性がオーナーのお店で、彼女は元ANAの客室乗務員だそうです
店の雰囲気意やメニューなど詳しいことはトラックバックさせていただいた先のBlog(どれも素敵なBlogです!)をご参照ください。
Cabayarea様tomo-bambi様k_bunny様じゅり様

で、そのシンガポール人のオーナーが出演して懐かしいシンガポール訛( 懐かしいって、毎日ダンナの聞いてるんですけどね、、 )を聞いて、(めったにシンガポール人がTVに出演することなんてないから)ダンナも喜んで結構真剣にみてました。

ダンナ曰く、海外ではシンガポール人はシンガポール人に親切だってそうだから(人口が少ないから会えば皆んな友達みたいな親近感は沸くかな、、、)お店に行ったらディスカウントしてくれるかな、だって。でも今度LAに行く機会があれば、次回は必ず、、。

番組では甘さ控えめ、アジア人好みのテイストで見た目もカラフルっていうんで、お店で人気の抹茶ケーキ(アズキ入り)を作っている工程が放送されていました。

この番組もカラフルなデザートを見るのが楽しくてよく見てますけど、お菓子作りも本当にア~トですね。パーティー、コンペティション用の大きな作品だと重量や硬度のバランスとかエンジニア的な研究も必要か~。
TVに出てくる人達は本当に楽しそうですけど、お料理やお菓子の仕事ってすごい重労働なんですよね。時間も不規則だったり、手荒れもするし、、。調理師の妹を見ていてとてもそう思います。




comment : (4) | trackback : (2)

カリフォルニアの旅、Part2

先週、書いた記事、カリフォルニアの旅のPart2です。

写真はサンフランシスコのベイブリッジ。橋のむこうに微かに見えるのがサンフランシスコの街。



天候があまり良くなかったのとダンナのアポの都合で時間がなかったのとで、行きたかったナパバレーのワイナリー訪問を中止したものの、物足りなさを感じ、ベイエリア(サンフランシスコ湾周辺)の街バークレーの宝酒造のSAKE Museumに行ってきました。

何でこの博物館を知ったかというと、何年か前に栗原はるみさんの『すてきレシピ』という雑誌でサンフランシスコ、ナパバレーの特集があり、栗原はるみさんがここを訪問した記事がでていたのです。

カリフォルニア米を使ってのアメリカ産“松竹梅”の醸造工程などのビデオ解説、日本で使われていた醸造器具類の展示を見て、いざテイスティングへ!辛口のお燗から甘口のものまで5種類ほど試飲させてもらえます。(なんと見学、試飲は無料!) 

甘党のダンナはこの梅酒が気に入って購入。
梅酒は普通焼酎ベースですが、ここでは日本酒ベースの梅酒を造っているそう。焼酎ベースよりもまったりとしたコクのあるでも上品な甘さを感じます。このお酒はリカーショップの店頭にはあまり置いてないそうなので、ここで買う価値ありと案内の方もオススメの品です。

お酒を飲んで満足した後は歩いて近くの4th Streetへ。洒落たお店が並ぶスポットで、街並みもとっても素敵でした。


半年前にベイエリアに来た時にはサンフランシスコの街と、クパチーノ、サンタクルーズに行ったのですが、結婚式参加のために出掛けたので、移動は全てタクシー。

一度も地図を開かなかったので全然地理がわからなかったのだけど、今回宿泊がフレモントで、バークレー、スタンフォード(パロアルト)をドライブしたので、ベイエリアがぐるっと繋がりました 

途中ヘイワードっていうところも通過したんですが、ここは私が通信で10数科目の単位を取得したカリフォルニア州立大学のあるところ。ダンナもこの地域には以前から出張でときどき来ていた思い入れのあるところ。


カリフォルニアはいづれ住んでみたいところの一つ、というかはっきり言って第一希望!なんで、題してGo! California、日本語で『カリフォルニアを目指せ!』(夏天さんのタイトルみたいになっちゃってすみません!)。フィリーにいながらカリフォルニアの話題も機会とネタがあればまたアップします。



comment : (2) | trackback : (0)

カリフォルニアの旅



先週のダンナの春休みということでカリフォルニアに出掛けてきました。初日2日間は、ダンナの仕事仲間のご夫婦と一緒にゲッティーミュージアム、マリブ、ユニバーサルスタジオに。

宿泊はアグラヒルというダウンタウンから車で30分ぐらいのところでしたが、赤茶けたカリフォルニアの山というか丘とパームツリーの景色がとても美しいところです。

3日目以降は車をレンタルして、ハリウッド、ビバリーヒルズ、ベニスビーチをドライブ。



前日アカデミー賞の授賞式がハリウッドのコダックシアターで開催されたばかりで、周辺にはTVのレポーターがいたり、前の道路も撤収のため封鎖されていました。







どこを見ても絵になるロデオドライブ。



LAドライブの後、夕刻サンノゼへ向けて出発。夜間のドライブで約6時間の旅でした。
サンノゼでもダンナのアポがあったのですが、それでもバークレー、サンフランシスコ、スタンフォードをちょっとぶらぶらする時間もあって楽しめました。スタンフォード大学はなんでこんなに綺麗なの?というくらい美しくて新しい建物ばかり。ダンナはカントリークラブみたいだなといってました。サンノゼはカメラのバッテリー切れのため、写真なしです。

ちょっと寒かったのでワイナリー訪問は今回は見送り。フィリーに帰ってきたらなんと気温が20度に上がっていて、サンノゼはその時11度。ダンナとちょっと複雑な心境になりましたが、短い春休みを無事に有意義に終えることができました。

comment : (0) | trackback : (0)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。