ZakCafe

フィラデルフィア、シンガポール事情、プリザーブドフラワー、その他もろもろについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

兄弟愛の地 フィラデルフィア

今更ですが、年末年始に日本、シンガ、その他からブログを訪ねてくださる皆さんのために、我がフィラデルフィアについて書いてみることにします。

フィラデルフィアはギリシャ語で“兄弟愛”という意味で、愛称はフィリーといいます。
Hey, Brother!と声を掛けてきそうなフレンドリーな黒人の人が多いのもこの街の独特の雰囲気を醸し出しています。
銀行や郵便局の窓口も支店によっては全員アフリカ系の人っていうところも結構ありますね。
今寒くなってそれほど多くはないですが、ホームレスの人が結構、近所に沢山いて、しかも声を掛けてくる人もいて、フィリーに来た当初はどう対応したらいいのか非常に困りました。ろれつが回ってない人もいるし、、。今は声を掛けられたらHi~と一応返事をして、あとは目もくれずに前を向いて(走らずに)歩き去っています。

フィラデルフィア(ペンシルベニア州)はあまり日本人には知られていない都市ですが、位置的にはNY、ワシントンのほぼ中間地点にあり、どちらにも電車、車で2時間弱で行くことができます。

アメリカの歴史発祥の地で、1776年7月4日の独立宣言、1787年の憲法制定が行われたアメリカ第五の都市です。現在でも大統領就任宣言はフィラデルフィアで行なわれているとか。観光客は外国人よりもアメリカ人が多いようで、毎日街中をオープントップの2階建てバスが走っています。アメリカで最初の銀行とか学校とか、“米国最初のもの”が沢山あるのです。ここはアメリカ人にとっては格別の思いのある土地のようです。


続きを読む »
スポンサーサイト
comment : (2) | trackback : (0)

Rittenhouse Square

 




Rittenhouse Square周辺の様子。大きなツタのデコレーションがユニーク。昨日はとても暖かく、写真のとおりコートなしで歩く人も多かったようです。


comment : (0) | trackback : (0)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。