ZakCafe

フィラデルフィア、シンガポール事情、プリザーブドフラワー、その他もろもろについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

シングリッシュ

ブログのバックデート、まとめ書き。

バレンタインデーの後、Wilma Theaterで"9 PART OF DESIRE"という芝居を見てきました。一人芝居で女優が9人の役を演じているんですがなかなか良かったです。舞台上に池(本物の水)があって、最後に女優が水の中に消えていくシーンがあるんですけど、ちょっと見てて寒かった。

タイの財閥でCPグループっていうがあるんですが、そこの偉い方が金曜にダンナのビジネススクールで講演するっていうんで、講演後に出されるタイ料理にも釣られて聴講に行ってきました。

今学期はダンナのスクールメートと会う機会が多くなり、最近タイ人の留学生とも知り合いました。今年のMBAはタイからは女性3人、男性なしだそう。私の知る限り、タイって女性が強いというか特に財務関係は女性が仕切ってる会社が多いです。

学生時代にバンコクに住んでたことがあって、CPグループっていうのもシンガポールにいたとき(私担当じゃないけど)、シンジケーションローンとか確か取引してたよね~と思って、講演後にスピーカーのところに行ってちょっとお話ししてきました。そしたら“シンガポールからの留学生?”って聞かれてしまった!ハハ。 アメリカに来ても英語がシングリッシュ(シンガポール英語)なのですよ。ダンナがシンガポール人である限り、これを直すのは至難の業です。(ダンナは相手に合わせて英語をスイッチできるんですよね~)直すっていってもアメリカ英語にするのかイギリス英語にするのか日本人らしい英語にするのか、悩ましいところです。格好つけて英語話すのもなんだか性に合わないし。

それでもニュートラルな英語を話そうと気をつけているんですが、話がのってくるとつい地がでちゃうっていうかね~。
それにしても、どこから来たの?って聞かれると、シンガポールから着たけど私は日本人でダンナは~ とか、引っ越す毎にいろいろバックグランドの説明が複雑で大変になっています。

スポンサーサイト
comment : (0) | trackback : (0)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。