ZakCafe

フィラデルフィア、シンガポール事情、プリザーブドフラワー、その他もろもろについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

ノーベル平和賞受賞者シリン・エバディーさんの講演





昨晩、Upennで2003年ノーベル平和賞受賞者(イラン初のノーベル賞)シリン・エバディーさんの講演があり、聴講してきました。写真がイマイチの写りですみませんが、右側の女性がエバディーさん(隣の男性は通訳ですが何故か通訳の方がライトが当たって明るかった。)です。講演はペルシャ語、通訳は英語。会場にはペルシャ語の分かる人(恐らく皆イラン人だと思いますが)がかなりいたようです。通訳が入る前に拍手や笑いがおこってましたから。

エバディーさんはイスラム体制の下で人権擁護活動と民主化に取り組んでいるイラン人弁護士で、特に女性や子供の地位向上に尽力されていますが、何度か投獄された経験も持ち、彼女の闘う姿勢が評価されています。
壇上に上がったエバディーさんは、とても小柄で一見普通のご婦人ですが、語り口はやはり弁護士、私はもちろんペルシャ語は分かりませんが人を守るために闘う彼女の情熱がひしひしと伝わってくる素晴らしい講演でした。

イランの女性に地位について、色々な例をあげて説明がありました。現在、イランでは大学の学生の65%を女性が占め、女性の高学歴化が進んでいるそうです。しかしながら女性の価値は男性の半分程度で、例えば、妻から離婚を申し立てることはできないが、夫はいつでも無条件で離婚ができるとか、財産相続、事故賠償も女性は男性の半分なのだそうです。女性差別はイスラム教の教えではなく地域慣習であるおっしゃっていました。

また民主化に関して、聴講者からの核保有の問題についての質問には「核使用については反対だが、核を保有すること自体よりも非民主的な政府が恐ろしく、非民主的な政府が核を保有してむやみに使用されることが最も恐ろしい。だから民主化のために活動しているし多くの人に支援をして欲しい。」と答えていました。

ヒゲ面の学生さんが自分は一学生で何者でもないけれど、投獄、迫害(当然、脅迫や嫌がらせなど沢山あったでしょうね)されながらも活動を続けるエバディーさんのバイタリティーの源は何かと質問したのに答えて、自分の信念でこれをやりたい、やらなくてはならないと思うと自ずと力が出てくるとおっしゃっていました。

講演を聴講して、本当に素晴らしい勇気と使命感のある方だなと感銘を受け、勇気百倍いただいて帰路につきました。それにしてもこんな大変な活動をされていることを感じさせないような彼女のウィットの利いた話し振りと和やかな笑顔に、彼女の人格の素晴らしさを感じずにはいられませんでした。


スポンサーサイト
comment : (0) | trackback : (0)
comment
管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback URL

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。